東北高校総体

決勝の結果

青森勢は、ピン、ライト、ライトウェルター、ウェルター、ミドルで優勝!

ミドル以外全員が青工。青工は全員優勝。すごい強さです👏

 

私が注目していた、

ミドル級 浜田(弘工)が期待通り優勝しました。

三度目の大戦で勝ちました。

初の東北タイトル獲得で、インターハイに向けて勢いがついた

やっぱり勝ちたいという気持ちが強ければ、日々トレーニングに努力するし、結果がついてくる。

 

女子中学UJ 44k級 ルナ選手

認定チャンピオンです✨

これで次は、7月 埼玉県での東日本決定戦に進みます!

 

四人目のプロボクサー

ヒロジムから4人目のプロボクサー、ケイヤ君のデビュー戦が決定!

 

7月13日(金) ミニマム級4回戦 つがる慶也(青木)      4R      坂梨智紀(足利)

 

リングネームは「つがる」ですか~。

故郷を背負って大活躍してほしいですねっ!

しかし、すっかり精悍なプロの顔つきになったね~

勝利報告待ってます!

 

赤穂浪士

赤穂浪士、武蔵対吉岡一門、坂本龍馬、義経...

市井の人々は、少数の志士が強大な権力に向かって戦う物語が大好き。私もだけど。

アマボクシングでも闘いが起こっているようです。

事の真相は分かりませんが、強大な権力にリスクを負って立ち向かう皆さんの心は、強者に一人で立ち向かう本物のボクサーだなと思います。

事の本質は、シャンシャン総会的な日本の形だけのお任せ民主主義で、民意が反映される仕組みが機能していない事かもしれない。

みんながダメだと思ったらトップが変わる仕組み、システムの問題じゃない?

それともは忖度でがんじがらめ?

大阪地検を見れば、司法の判断もあてにならんしね。

どうなるんでしょうか?

 

チャレンジマッチに向けて

7/15のチャレンジマッチに向けて、メンバー面々が気合は行ってきましたよ~

ようやく、総体の選手から草ボクシングファイターにバトンが回って来た。

それぞれに課題を持ってジムワークに熱が入ってい

 

写真は、親子ほどのマススパー。

アラフィフのオヤジファイターが、ワゲもののアタックを余裕でスウェー。

さすがです!

ベテランの味、余裕のスウェー

A post shared by Hideyuki Ose (@hirogym_) on

東北大会

今週金曜日から 高校総体 東北大会が 岩手県水沢市で開催されます。

個人的に期待しているのは青森県大会では相手がおらず認定優勝となったミドル級の浜田選手。

選抜大会の雪辱を晴らして 大暴れしてインターハイに向けて勢いをつけてほしいです。

合わせて アンダージュニア 全国大会東北予選が 開催され、ヒロジムからルナ選手が出場!

応援よろしく❗

さて、明日20日 水曜日 ジムは休みです

リレーマラソンフォトギャラリー

改めて写真で見ると、亀の甲門(城郭)をバックにランニングってすごい贅沢な風景だね。
弘前といういい所に住んでいるな~と実感。

仮想ランありがとう!
ボクシングと城郭のコラボ。

関係ない話題だけど、ジムの帰り温泉に入ることがあります。

その時、好きな時に温泉に入れて、すごくいい環境に住んでいるなと実感。

青森に住んでいてよかったな~

都会じゃありえない。

”お得情報”

桃太郎温泉は6~7月 31周年記念 入浴料200円です。

ジムの帰りにどうぞ!

チャンプジムスパー大会

今年も恒例のチャンプボクシングスポーツクラブさんのチャレンジマッチが開催されます。
7月15日
青森県でこのような機会はめったにありません。
日頃の練習の成果を試す絶好の機会。
マイナースポーツのボクシングを愛好する他団体の皆さんと交流するまたとないチャンスでもあります。
初めての方も見るだけの方もぜひ行きましょう!

県選手権フォトギャラリー2

筋肉が浮き出たとこまでくっきりと。
息遣いまで聞こえてきそうな、臨場感のある写真だね~。

これもカメラマン俊輔の作品です。

渾身の右強打! #ヒロジム

A post shared by Hideyuki Ose (@hirogym_) on

2018青森県選手権フォトギャラリー

カメラマンでもある俊輔コーチの美しいショット。

瞬間をきれいに切り取ってくれる魔法のようだ。

撮ってもらえた人はラッキーだね。

まずは第1弾

試合にかける気迫や緊張感が伝わってくるね。

集中力

ミット打ちやマスでは集中力が高まる。

日常生活にない緊張感があっていいね。

ただの運動とボクシングの違うところだね。

集中してミット打ち。日常にない緊張感 #ヒロジム

A post shared by Hideyuki Ose (@hirogym_) on