Loading

高校6冠で全日本選手権2年連続準優勝の井岡選手(20歳)が、なんと東京農大ボクシング部を中退しプロ入りしました。
叔父である元世界チャンピオン井岡さんのジムに所属しているそうです。
育った環境からしてプロ志向ではあったんでしょうけど、まさか中退してプロ入りとは思いませんでした。
2年前、オリンピックをかけた全日本で、大久保選手にまさかの1ポイント逆転負け。
そして昨年の全日本でもまさかの逆転負け。
どちらも井岡選手にとって、勝負に勝って試合に負けたといってもいい内容でした。
ここ一番の微妙な判定での敗戦で、アマに見切りをつけたような気がします。
心機一転、世界チャンピオン目指してがんばってください。
しかし、アマチュア界にとってはまたしても優秀な人材の流出です。
アマリーグなど活躍の場を作らない限りこの状況は続くでしょうね。

ボクシングを通じて、人と地域(津軽)を元気にしたい。との思いから、2001年「弘前ボクシングクラブ」を設立し、2014年常設リングをそなえたボクシング&キックジム「ヒロジム」になりました! 地域の皆様にボクシングで、強く健康な心と体づくりのお手伝いをさせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top