ボクシングの定年

前回30代の挑戦について書きましたが、実はアマチュアボクシングにも定年があるのです。
満34歳で、35歳になったらもう試合に出ることはできません。
これは、国内だけでなく世界のルールです。
私はとっくに定年を過ぎてしまいましたが、最近は定年間際に「引退試合」に望む人が増えています。
今は野球でいえば、横浜の工藤や阪神の金本みたいに40過ぎてもバリバリの人がたくさんいる時代です。
34歳はちょっと早い気もするが危険だからしょうがないか。
そこが生涯現役の武道と違って、ボクシングはスポーツだなと感じる。
スポーツであって、格闘技ではないと。
最近はそれにあきたらず戦い続けたい定年後の人たちのために、オーバー34歳のボクシング大会「おやじファイト」があります。
基本的に東京でやってますが、ずいぶん盛況みたいです。
それだけ戦い続けたいボクサーが多いのでしょう。
私も出る出ないは別にして、生涯現役でいれるよう鍛えていきたいです。

シェアする

フォローする