またもやボクサーの犯罪

今度は、プロボクサーの犯罪行為です。
元世界ランカーのトーレス・マルティネス・健文(21)がコンビニ強盗で逮捕されました。
父も有名なメキシコのプロボクサーで、将来を嘱望されていた選手でした。
相次ぐボクサーの不祥事。
ボクサーに限らないという意見もあるかもしれません。
しかし、空手やキックなど他の格闘技で目に付くニュースはありません。
ボクシングに関わるものとして、考えさせられます。

シェアする

フォローする