新人戦を観ました

11/7新人戦に審判としていって来ました。
インフルエンザで欠場の選手が多かったです。
こんなところにも社会現象が影を落としてました。
高田君はじめ出られなかった選手は残念でした。
試合数は年々減る一方で危機感を感じます。
ジュニア育成をしていかなければ、アマボクの火が消えてしまう。
今日見た感じでは、1年生がうまかった。
荒々しい下手な試合はまったく無かった。
その反面、手数が足りないかな。
AIBAの変更に合わせて、国内の大会も辛口採点になってきた。
前みたいにジャブではポイント入らない。
10点超えることはまれ。
ということは、1R2~3ポイントくらい。
これからアマボクが大きく変わる。
(昔に戻っただけかな...)
DSCF3699.jpg

シェアする

フォローする