Loading

前田さんが海外でやっていた試合形式は、キャッチ・アズ・キャッチ・キャンでした。
これはいわゆる、アマレスに関節と締め技ありのもの。
現代は総合格闘技がメジャーになりましたが、100年前から興行としてあったんですね。
胴着ありかなしが試合形式の大きな問題であったようです。
最近では、アマレスからキャッチ・アズ・キャッチ・キャンスタイルへ変更した、SAW サブミッション・アーツ・レスリングもあるようです。
組み技系はジャンルが多彩で、サンボ、柔術、グラップリング等どう違うのかよくわからないですね。

ボクシングを通じて、人と地域(津軽)を元気にしたい。との思いから、2001年「弘前ボクシングクラブ」を設立し、2014年常設リングをそなえたボクシング&キックジム「ヒロジム」になりました! 地域の皆様にボクシングで、強く健康な心と体づくりのお手伝いをさせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top