キックで気付いた事(体の連係)

キックを練習していて、気付いた事。
それは、体の連係が大切だとわかった。
ボクシングは、モーションが小さいから気がつかなかったが、キックは動きが大きいから腕と足の連係が大事。
蹴るためには、反対方向に腕をふらなければならない。
足を上げたら腕は降ろす。
これを意識していたら、ジョギングのフォームで腕の引きと足の蹴りだしが少し理解できるようになってきた。
新しい感覚を手に入れるってうれしいね。

シェアする

フォローする