ムエタイ出身ボクサー

プロボクシングの世界戦を見ていると、タイ人でムエタイ出身のボクサーが多い。
有名なところでは、ウィラポン選手。
最近では、亀田兄と対戦するポンサクレック選手や細野選手を破ったSバンタムのプーンサワット選手など。
ウィラポンなど一昔前のムエタイ出身選手の特長は
 ・ガードが高い
 ・カウンターがうまい
 ・当て勘がいい
 ・ペース配分や試合運びがうまい
 ・スロースターター
 ・パンチが単発
 ・べた足 
といった感じでしたが、ポンサクレックやプーンサワットなどは、動きがきびきびとしてコンビネーションも多彩。
フットワークもスピードもある。
ムエタイの世界もスピード化しているのだろうか?
この前亀田弟と戦ったデンカオセーンもムエタイ出身だけど、昔タイプかも。
 

シェアする

フォローする