ミットについて

ちなみに今日のキックは、6名で練習。
ボクシングに比べて、春の人数加速はゆるい感じ。
さて、キックのミットをやって気付きました。
ミット持つ人手の技量は何かが。
よくあるのが、ひたすら決めたパンチを打つ。
ワンツー、ワンツー左フックなど。
これはスタミナ作りの練習。
ガード、フェイント、距離、タイミング、この辺を理解した上で、「どうすれば当たるパンチorキックになるのか」を的確に指示するのが、”当てる練習”になります。
この二つをやることで、一つ上のレベルにいける。
s-kick3735.jpg

シェアする

フォローする