Loading

スピードをつける練習は、ハンドスピードだけでない。
ミットの例では、
 ・距離をすり足で調整し、一歩で当たる距離から踏み出す
 ・打つ瞬間モーションをつけたり、手を下げない
ただ、パンチのスピードを早くするのではなく、一連の動作をスムーズにする。
それだけで、リズムに乗った早い攻撃ができる。
ひたすら反復練習だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top