ナックルを当てよう

先日のテレビ放送で、内山チャンピオンが言っていた。
「効くパンチはナックルで打つ。人差し指と中指の2本。」
チャンピオンの拳はすごい拳タコになっていた。
以前、元王者の徳山さんも同じ事を言っていた。
ちょっと気になるのは、HBCの練習では皆10~12オンスを好んで使う。
私は、パンチググローブが゙好きだった。
理由は、ナックルのどこが当たっているかよくわかるから。
実は、ミットでバチンと音がするより、ナックルの当たりと角度は大事なこと。

シェアする

フォローする