Loading

昨日キックの合同練習で思いました。
初めてお手合わせした方が、私がジャブを打つと右ローを合わせてきました。
ボクシングでも、やはり基本はジャブに対応していくこと。
実際は、簡単に合わせられないけど、ジャブに対応することが解りやすい。
やられてみると、フェイントや読み、コンビネーションの重要性がよくわかる。
相手が、ジャブにどう対応するかで、展開が変わる。
組み立ての基本。
この辺りがわかると、面白くなってくる。
ボクシングがただの殴り合いではないと解る。

2 thoughts on “ジャブに合わせる

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは。
    ボクサーがボクシングで
    闘おうとすると
    必ず脚で攻撃されますわ
    蹴り警戒して距離とって
    パンチから入るけど
    蹴りの間合いになるから
    狙われやすいと思いますよ
    特に前蹴りをミゾオチに
    合わせるだけで
    勝手に刺さってきて
    くれますもん
    蹴りさばいて
    接近して
    パンチの打ち合いに
    持ち込めば楽勝ですが…
    『蹴空会館』HPで
    トレーニング方法などの
    動画を見れます
    北海道でも
    キックの試合あるんで
    是非来てください(^○^)

  2. SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    先輩ご指導ありがとうございます。
    キックは、武器が多いだけに、難しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top