秋田インターハイ(2)

昨日の観戦で思ったこと。
L級で岩手の選手が、がんばっていた。
失礼かもしれないが、特筆するスピードや技術がないものの、粘って3Rダウンを取って、辛勝。
やはり、”負けられない”というものを背負っているかのように見えた。
人間自分のためだけに頑張るのは限界がある。
誰かのため、みんなのためなら頑張れるんじゃないかと、私は思っている。
DSC_3835.jpg

シェアする

フォローする

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お疲れ様です
    おじさん思うに
    負けられない理由は
    プライド!
    『俺様がこんなヤツに
    なんで殴られなきゃ
    いけないんだっ!』
    『テメェコノヤロー!!』
    …確かにアマチュアボクシングは相手に
    的確にパンチを当てるスポーツです
    が、本質は格闘技!!
    つばぜり合いになって
    持ってる以上の力を出せるのは
    技術以上に
    『コイツには負けたくない!』
    というプライド!
    それは喧嘩にもいえるし
    そういう状況では喧嘩が
    強い方が勝つ!!
    『よきライバル』というのも
    一種似た感覚
    やはり
    『アイツには負けたくない』
    ですよ(^^)v
    おじさんの友達も言ってましたっ
    『同じ年代で同じ体重だったら相手は誰でも俺は負けない自信がある』
    彼は拓○大学の監督からのラブコールをけって
    プロになりました
    (^-^)v
    大瀬サン!
    ジムの強いヤツには積極的に
    自分のことを『わ』ではなく
    『俺様』と言わせるようにしましょう!!
    身に付くのはプライド!
    ( ̄^ ̄)

  2. HBC管理人 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    先輩さすが気合が違いますね。
    「俺が一番」という気持ちは必要かもしれません。
    キャラクターというか、持って産まれた性格もあるかも。
    元Sバンタム王者三浦さん(弘実出)の”俺様”ぶりは有名だったそうです。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お疲れ様です
    再度書き込み…(^^)
    失礼しますっ
    大瀬サンの教えてるボクシングは
    競技・体力作りなどだけではなく
    若い者達の人間形成もあると思います!
    つまり精神・人格の形成が大事だと思うのです!
    『俺様』
    競技者には大切です!!
    でも
    その競技以外では
    ただの人、いやそれ以下かもしれません
    『俺様が殴ったらなぁ!』
    『アイツ俺様相手に勝てるとおもってるのか?』
    競技者なら自分を高める為に
    大切なことだと思うのです!!
    (そう思ってリングにあがれたら最高!!なんですが…)
    ただそれ以外で
    つまり『社会』では通用しない
    最初はチヤホヤされても
    チョーシこくと『なんだ?何様だ!?』
    と言われて相手にされませんね(__)
    それを教えてやるのが
    学校の先生であり
    大瀬サンだと思うのです
    ボクシング以外ではただの一個人
    自分の同期(同業取引先)で
    アマチュアレスリング世界二位の営業マンがいます
    決して威張りません
    飲みに行って話しても
    決して今の選手をクサしません
    怒りません(酔いつぶして瞼の上に目を書きました)
    だから付き合ってて楽しいです!!
    『レスリング以外ではただの人』というのが感じられる
    素晴らしいと思います
    『頭は低く、目線は高く』という
    格言もあります(^-^)v

  4. HBC管理人 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    先輩いつも熱いコメントありがとうございます。
    休みでキャンプに行っていたので、返信遅くなりました。
    そうなんですよね。
    いくらボクシングが強くても、1社会人として見れば直接関係ないです。
    もちろん、ボクシングで培った気力、体力、スキルアップの努力など、役立つこともたくさんあります。
    自信を持ちつつ、謙虚な心が大切なんでしょうか。