Loading

全日の決勝、井上VS林田を振り返ってみた。
何度か見ると、井上の試合運びのうまさが際立っていた。
始めて見た時と印象が変わった。
井上は林田をよく研究していた。
特に、接近戦に強い林田に対し、くっついた時体預けて距離をつぶしてしまうのがうまかった。
そして、その離れ際やくっつき際に確実に左右のパンチを入れていた。
このかつてプロの技術であった距離のつぶし方がアマでも生かせる。
アウトボクシングだけでは捕まるし、疲れる。
研究していきたいですね。

【国際試合の井上】

ボクシングを通じて、人と地域(津軽)を元気にしたい。との思いから、2001年「弘前ボクシングクラブ」を設立し、2014年常設リングをそなえたボクシング&キックジム「ヒロジム」になりました! 地域の皆様にボクシングで、強く健康な心と体づくりのお手伝いをさせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top