伝説のボクサーが弘前に

弘前は全国屈指のボクシングが盛んな地です。(思い込んでます)
村田さんの金メダルに沸いたのは記憶に新しいけど、弘前にもオリンピアンのボクサーはいるんです。
今月のボクシングビートに載ってました。
1976 モントリオールオリンピック ライトウェルター級 小田桐幸雄選手(弘前東-拓大出)
順調に勝ちあがったが、惜しくも上位で敗退。
メダルならず。
このまま勝ちあがれば、この時の金メダリスト「シュガー・レイ・レナード」と夢の対戦があったかも。
歴史にもしはないけど。
あのレナードとメダルをかけて闘っていたら、、、想像しただけでたまらない。
日本アマボクシング史にその名を刻んだ名選手、小田桐氏は現在消防署員。
素晴らしいボクサーが弘前にはいるんです。

シェアする

フォローする