アウトボクシングについて

最近、体調不良で会員の皆さまにご迷惑をお掛けしております。
おかげさまで、順調に回復しております。
さて、後楽園での試合を見て思った。
アウトボクサーがつぼにはまって、距離をとってカウンターを取っている。
相手は追い足がない。
ポイントとるならそれでいいけど、”攻めてる”感が全く無い。
逃げる、休む足じゃなく、攻めるための足でなければ。
往年のアウトボクサー徳山氏がさすがというコメントをしていた。
今でもボクサーには、徳山さんのファンが多いようですね。
IBF世界スーパーフライ級王座決定戦帝里木下vsゾラニ・テテ戦
観戦した元WBC世界スーパーフライ級王者の徳山昌守氏(39)は「ベルトを取りに行く姿勢が感じられなかった」と帝里の戦いぶりを酷評した。
 帝里はリーチで11センチ勝るテテの右ジャブに手を焼き、うまく距離を詰めることができなかった。徳山氏は「懐の深い相手に対して一発目しか狙っていなかった」と指摘。終盤11、12回こそ前へ出たが「最初からあれをやっていれば、相手のリズムを崩せたかもしれなかった。後手後手に回ってしまった」と敗因を分析した。
 「彼の次につながるためにあえて苦言を呈した」という徳山氏は「帝里はアウトボクシングのスタンスを勘違いしている。足を使って逃げるのがアウトボクシングではない」とした上で、「勇気というのは、ボクサーの誰もが持っていないといけないもの。勇気のない者は上には行けない」と厳しいエールを送った。

コメントを残す