春に散る

「一瞬の夏」、「敗れざる者たち」で、カシアス内藤、輪島こういち等、数々のボクサーのノンフィクションの名作を手掛けてきた作家、「沢木耕太郎」初の長編小説が出た。

私個人的に、沢木さんの作品が大好きで、ボクサーの世界に惹かれました。

上下巻の大作、ぜひ読んでみたいです。

主人公は60代!!

なのにボクシング小説?

どうゆう話なんでしょう?

興味は尽きません。