プロの気迫

元キマグレンのボーカル クレイ勇輝がプロボクサーとして、最後のリングに上がった。

32歳の時にボクシングを始め、プロテストに合格。

プロボクサーのライセンスが失効する“定年”である37歳の誕生日を控え、“ラストチャンス”としてのリングに上がった。

https://www.nikkansports.com/battle/news/1853832.html

元ミュージシャンで、今も芸能界にいて、経営者。

日本テレビ「アナザースカイ」「おしゃれイズム」や、24時間テレビの「24時間マラソン」等の番組制作を担当している。

トレーニングの時間を捻出するのは大変だろう。

体力もなくなってくるし。

こうゆう人を見ると、「忙しい」、「体力の衰え」、なんて言えない。

言い訳している人いませんか?

どんなに忙しくても、やりたいことをやり切れるかは、本人次第。

プロではないにしても、自分で”ここまで”と線を引いてしまったらそこで終わり。

好きなことをやり切る事が出来れば、次のステージに進める。

俺はやり切ってないから、まだやっているんだと思います。

いつまでも挑戦し続ける自分でいたいと、勇気をもらいました。

http://number.bunshun.jp/articles/-/828576

カテゴリー: 管理人のボクシング日記   作成者: hirogym パーマリンク

hirogym について

ボクシングを通じて、人と地域(津軽)を元気にしたい。
一人でも多くの人にボクシングをやって、強くなった、健康になった、毎日元気、そう言ってもらえるようにがんばります!
2001年「弘前ボクシングクラブ」を設立し、2014年常設リングをそなえたボクシング&キックジム「ヒロジム」になりました!

コメントを残す