内山氏の話

今日ラジオ番組のゲストで、元Sフェザー級チャンピオン内山氏が出演してました。

いろいろな話が合ったけど、いいなと思った事が2点。

①気をつけてていた事、貫いたこと

「練習で手を抜かない。必死にやる」

「さぼる気持ちが、試合の厳しい場面で出てくるから」

なるほど、常に試合を意識することが大事。

また、意識できるかが、結果を残せるか否かの違いかもしれない。

②最初があったから

「花咲徳栄高校に入って、1年生は挨拶、声出し、なわとび、ジャブのシャドウだけだった。」

「早くボクシングらしい事がしたかったけど、あれがあったからこその今。その単調さに耐え切れなくてやめた人も多い。」

なるほど、最初は基本が大事だし、精神面でも必要な事なのかも。

現在は、何でもすぐ教えちゃうけど、考えされられるな~

シェアする

フォローする