弱い奴ほど強くなれる

私自身がそうだったから断言できる。

弱いから臆病、臆病だから打たれたくない、弱いから自分がボコボコにやられるイメージができる。

だから、どうしたら打たれないか、倒れされないか、よく考える。

自分がやられるイメージしかないから、それを変えようとする。

それには練習しかない。

「負けてもしょうがない」  「精一杯やればそれでいい」

そう思っていたら勝てない。

自分を倒しに来る相手をどうにかしないと。

やらなきゃやられる。

ボクシングの発祥地ロンドンのボクシング格言、stand and fight

この意味は?

字のごとく、逃げずに戦う事。

勇気とやる気。

キック部のY君は、マスで怪我をして気持ちが折れていた。

だけど、気持ちを奮い立たせて復活し、続けている。

”弱い自分に勝ちたい” その気持ちを感じる。

ストイックなトレーニングで、着実に強くなってる。

あのケガで気持ちが折れたままだったら、弱いままで終わっていた。

今Y君は自分の意志で強くなろうとしている。

ボクシング&キックを通じて、心身強い人間になるお手伝いができれば、これに勝る成果はありません。

なぜなら、腕力は年とともに衰えても、強くあろうとした心は決して衰えることはないと信じているから。

シェアする

フォローする