ボクシング映画(2) あゝ、荒野

菅田将暉主演の映画 「あゝ、荒野」(R15)
原作は三沢出身の奇才、寺山修司の長編小説。
主役はプロボクサー。
寺山作品という事は、1960年代。
一体どんなストーリーなんでしょうか?

主演の菅田将暉は、実際ジムに通いボクサー身体を作り、普段53キロが筋肉ついて58キロになったそうです。

迫真の演技が見られるかな。

ヒロジムの練習でも、”なりきる”のはすごく大事。

心からボクサーになって、気持ちから入らないと成果が上がらない。

映画を見て、「プロボクサーと違うな」と斜に構えないで、なり切りぶりを見習おう!

自然と「シュッ」という息づかいが出てくれば合格!

お隣ツタヤさんで、好評レンタル中。

[blogcard url=”https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%82%9D%E3%80%81%E8%8D%92%E9%87%8E”]

シェアする

フォローする