大みそかはボクシング観戦

こちらはフジ系が入らないので、31日TBS系のみ。

大晦日、いつもなら井岡がメインだけど、事実上の引退で出ない。

代わりに期待していた、田口と田中の統一戦が、田中の骨折で流れた。

結局今回のめいんは、

WBA世界ライトフライ級王座 田口良一vs IBF世界ライトフライ級チャンピオン ミラン・メリンドとの統一戦

八重樫東を1ラウンドKOで倒したメリンドは、見た感じ本物の強さがある。

これは楽しみ。

セミは

そ中国の英雄ゾウ・シミンを敵地中国で11ラウンドKOで下し、WBOフライ級タイトルを獲得した木村翔
vs
元オリンピアンでWBC世界フライ級チャンピオンの五十嵐俊幸

雑草vsエリートの構図はなかなか面白そう

もうひとつは、IBFミニマム級タイトルの初防衛戦
京口紘人vsカルロス・ブイトラゴ

ブイトラゴ は、ロマゴンを育てたニカラグアの英雄・アルゲリョが育てた最後の弟子で、スタイルもロマゴンにそっくりで、すごく強いらしい。

どのカードもどっちが勝つかわからない、ワクワクする好カード。

問題は子供たちが、紅白チームとダウンタウンチームに割れる事。
多数決では、ボクシングが負ける!
困ったな~

シェアする

フォローする