大晦日のボクシング

WBOフライ級タイトル

木村翔(青木) vs 五十嵐俊幸(帝拳)

見ごたえがあった。
失礼だが、「木村って誰?」とう感じで全くの無名選手。
ラッキーパンチで勝ったのかな?と懐疑的でした。

ところが、木村の強さは本物だった。
プレッシャーのかかる初防衛で、相手は元王者だけど、臆することなく自分のボクシングを貫いていた。
荒いパンチだし、特別スピードやキレがあるわけじゃないけど、技巧派サウスポー五十嵐が手も足も出ない。
パンチ力とプレス、角度やコンビネーションがいいんだろう。
見た目以上に攻撃力があると見えた。

ボクシングの原点は、パンチと度胸と手数だと改めて思った。
いや~木村強い!
攻撃的なスタイルもいい。
田中との対決が楽しみだ!

カテゴリー: プロボクシング   作成者: hirogym パーマリンク

hirogym について

ボクシングを通じて、人と地域(津軽)を元気にしたい。との思いから、2001年「弘前ボクシングクラブ」を設立し、2014年常設リングをそなえたボクシング&キックジム「ヒロジム」になりました! 地域の皆様にボクシングで、強く健康な心と体づくりのお手伝いをさせていただきます!

コメントを残す