brave36 振り返り

今回最も輝いたのは、二郎選手。

キック歴たったの三か月。格闘技経験なし。

普通に考えたら、ボコボコにやられるところだ。

しかも初めて減量して6~7キロ落としていた。

ご飯や水を我慢するのが、こんなにつらいのかと実感していたようだ。

練習でも体に力が入らないと言っていた。

そんな中、ゴングが鳴ったら、自分から積極的に終始攻め続けた。

フィジカルとメンタルの強さが光っていた。

タフな男です。

これからどこまで伸びるか楽しみ。

誰にやれと言われた訳じゃない、自分がやりたくてやっている人は、どんどん伸びるな~と実感。

 


つがる慶也 第二戦

9月4日の後楽園ホール

ダイレクトリマッチとなって、第1戦ドローだった相手と再戦。

つがる慶也(青木)×坂梨智紀君(足利) ミニマム級

結果は、まさかの

0分20秒でTKO負け

この速さはキツイ。

ここから這い上がるには、切替が必要。

早い分ダメージはないだろうから、気持ちだと思う。

大人になるため誰もが通る道、「自分と向き合う」。

その機会が早く訪れたという事じゃないか。

自分を見つめて、これからまた自分の道を進んでください。

陰ながら応援してます。