エディさんの劇

ガッツ石松、井岡弘樹ら6人の世界チャンピオンを育て上げた、プロボクシングの名トレーナー、エディ・タウンゼントさん(故人)の物語が演劇になってます。

親子ボクサーのカシアス内藤氏も門下生で、そのノンフィクション作品「一瞬の夏」も有名。

請負トレーナーとして、ビックマッチの時だけ短期間雇用される本物のプロ。
短い期間で選手と心を通わせて信頼関係を築いているから、指導できるんでしょうね。
やはり、技術の前に信頼関係。
ハートですね。

1400回公演して、青森にも何回も来てますね。
見てみたかったな。

シェアする

フォローする