ビニー

映画「ビニ―」見ました

もちろんボクシング映画

実在の80年代ボクサー 元世界チャンピオン、ビニー・パジェンサの生きざまを描く人間ドラマ。

誰もが再起不能と思う中、トレーナーと二人三脚で王座奪還を目指す姿を映す。

なかなかリアルな演技と映像でストーリーに入れました。

「転落、喪失からの再生」というモチーフも好きです。

感じたのは、近年の風潮ですぐ、「無理をしない」という考えになっている自分。

安全管理はマネージャーの大事な仕事。

しかし、本心では無理して我慢して、根性出さないと壁を破れないことを知っている。

無理しなければケガしないけど、それなりのものしか得られない。

要はその人が何を得たいのかだけど。

強くなりたい人、勝ちたい人は、無理して背伸びして、痛い目にあって、そこでへこたれず向かって行って!

そういう人には遠慮なくいきます。

根性論で片付けたくないけど、やっぱり心が折れたら終わりだから。

練習で泣いて、試合で笑う。

シェアする

フォローする