逆転の発想

大相撲の炎鵬が大人気。

90キロの小兵ながら200キロの力士を倒す、気迫と技に皆拍手喝采だ。

一見無謀とも思える条件から、幕内に上がり、勝ち越している。

本人曰く、「小さい事は不利ではない。逆に小さい人にしかできない技もある。見える事もある。」

なるほど、発想の転換だ。

セオリーはあくまで一般論。

小兵が大きい相手に勝つイメージはまた別にあるんだけど、それはその目線にならないと見えてこない。

リーチが短いからできるスタイルがあるかもしれない。

脇が開く短いから打てるパンチがあるかもしれない。

教科書的には矯正すべき点であっても、逆に「だから強い」となるやり方が隠されているかもしれない。

選手と一緒になって、その人にしかできないボクシングを見つけていきたいですね。

シェアする

フォローする