Loading

全日本選手権決勝を見た感想

トップ選手の力と技、意地がぶつかる試合は緊迫感と迫力があり、見ごたえがありました。

ただ、コアなファンだけのものであっては将来が不安。

 

トップ選手が戦っているから当然かもしれないが、力の差が伯仲してて、決定打がほとんどなく、どっちが勝ったのか決めるのが難しい。

システム上必ず勝ち負けは決まるんだけど、どっちが勝ってるんだか視聴者はよくわからないと思う。

という事は、「どっちが決定打を打ち込むだろうか?」とワクワク、ハラハラ見る感じではないような気がする。

ビックタイトルだから選手は気合も力が入るから、空回りというか、ホールドやクリンチが多くなる。

アマチュアボクシングが生き残っていくためには、この二つが課題ではないか。

・判定をすっきり誰が見てもわかるようにする

・見るスポーツとしてのエンターテイメント性(魅力)をどうやって向上させるのか

ボクシングを通じて、人と地域(津軽)を元気にしたい。との思いから、2001年「弘前ボクシングクラブ」を設立し、2014年常設リングをそなえたボクシング&キックジム「ヒロジム」になりました! 地域の皆様にボクシングで、強く健康な心と体づくりのお手伝いをさせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top