Loading

格闘技界のレジェンドで素晴らしい生き方だなと思うのは二人

①須藤元気

 ファイトスタイル同様、トリッキーで変幻自在

 レスリングから総合、キック、引退後は作家、ダンサー、国会議員!

 自在にやりたいことをやって、全てに結果を出す。

 やりたい事をやり切って結果出して、また次のやりたい事をやって、戦略を持って結果を出す。

すごい人です

②青木真也

対照的なもう一人。

寝技では恐らく日本最強の選手。

独特の個性とテクニックを持ち、37歳の今もトップ選手として試合に出続ける

奔放な発言でヒール役のキャラクター

でも本人は意に介さず、真っすぐに生きているように見える

https://gonkaku.jp/articles/3823

このインタビューで注目したのはコロナ対応

~要約すると~

やるべき事、大事にする事、優先順位、生き方、いろんな事が問われているけど、自分はそれがわかっているから生活が全く変わっていない。

なるほど、ぶれない生き方をするには自分の哲学を日頃から持つことなんだな。

何が大事で、何をすべきなのか。

簡単な事のように思えるけど、なんとなく日々生きているのが凡人。

考えて問いかけて丁寧に生きている人はすごい

いいな

若い人の生き方に学んで、がんばろう。

https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/201910-19-4/?p_page=2

ボクシングを通じて、人と地域(津軽)を元気にしたい。との思いから、2001年「弘前ボクシングクラブ」を設立し、2014年常設リングをそなえたボクシング&キックジム「ヒロジム」になりました! 地域の皆様にボクシングで、強く健康な心と体づくりのお手伝いをさせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top