森さんの発言

森さんの発言が炎上して社会問題になっています。

問題の本質はいろいろな課題を浮き彫りにしている。

私が注目したているのは、これが明治から続く近代日本社会の組織の在り方が見えている点。

ボクシング連盟でも山根会長問題がありました。

組織の偉い人、力のある人に対して意見は言ってはいけない。

会議とは既定の台本を追認するだけ

意見すると、「空気の読めない人」になってはじかれる。

イエスマンで忖度する人が、「わきまえているやつ」となり、利権やポストが回ってくる。

意見を出し合って、議論を尽くしてよりよい事業を行うというプロセスはない

密室で少数の偉い人が全て決める

本当の民主主義は日本にはまだないのだと感じます。

国民が歴史の中で勝ち得たものでなく、戦後GHQがプレゼントしてくれた民主主義だから。

オープンに、透明に、多様な人が意見を出し合ってよりよい社会を築いていく世の中になってほしいです。

ちなみに私は意見を言って、煙たがられるタイプです。

津軽の鬼っこ