MMA注目の1戦

RIZIN 福岡大会

転載格闘家 那須川天心 vs 元ボクシングアマ5冠 藤田大和

有名な藤田兄弟です。

ボクシングもプロボクサーレベルの那須川と元ボクサー藤田という注目カード

剣心勝ちました!

2017年10月16日 後楽園ホール
DANGAN197 B級トーナメント予選
第6試合 バンタム級 5ROUND

大嶋 剣心(帝拳 弘工出)VS 森 拓也(reason)

結果は、5R TKO勝ち

おめでとう!

日本人の強豪に勝って、自信を深めたでしょう。
これからもどんどん強敵と戦って、強くなってください!

剣心の試合

ヒロジムOBの剣心の試合があります


 

2017年10月16日 後楽園ホール
DANGAN197 B級トーナメント予選
第6試合 バンタム級 5ROUND

大嶋 剣心(帝拳)  3戦2戦(2KO)1敗

VS

森 拓也(reason) 8戦6勝(5KO)2敗

 

キャリアのある強豪に勝って上に行きたいね。

応援に行けないけど、みんなヒロジムから応援してる!

ここで勝って勢い付けろ!!!

 

明日青森県勢対決のボクシング

明日プロボクシングで、青森県出身選手同士が対決

2017年9月29日(金) in 後楽園ホール

~スーパーバンタム級8回戦~
三浦 仁(三迫 八工大一出)24歳
vs
日本バンタム級15位
中嶋 孝文(竹原慎二&畑山隆則 弘前東出)33歳

中嶋選手は、先日「わっち」に出たので、目にした人も多いはず。

若手とベテランの対決。
生き残るはどっちだ?

20170913 ダブルタイトルマッチ結果

①WBO世界L・フライ級王座の2度目の防衛戦  田中 VS パランポン

今までの試合の見たら、田中の圧勝と思われたが、1Rからまさかのダウン。

田中は調子悪いのか、なめていたのか、相性なのか、パランポンが強いのか。

まあボクシングはやってみないと分からない。

初の全国放送でつまづいた感じだけど、ピンチをしのいで勝った経験で強くなれれる。

次に期待です。

 

②IBF世界S・バンタム級 小國以載(角海老宝石) VS 岩佐亮佑(セレス)

小国は相当サウスポーを苦手にしているようでした。

得意の左ボディーも当たりにくいし、ジャブから組み立てられないし。

残るは右ストレートだけ。

序盤に圧倒されたけど、4~5Rで盛り返したあたりに小国はチャンピオンの意地を見せた。

とはいえ、終わってみれば、これが世界戦とは思えないレベル。

4団体になってタイトルマッチは増えたけど、これでいいのかな?

確実に世界戦のレベルが下がっている。

ロマゴン陥落

WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ

シーサケット・ソールンビサイ(30=タイ) vs ローマン・ゴンサレス(30=ニカラグア)

4回1分18秒TKO勝ちして初防衛に成功

一つの時代が終わった

やっぱりミニマムからだから、フライが限界。

井岡は賢明。

多階級制覇がトレンドだけど、ボクシングは階級が変われば質が変わる。

そう簡単にいかないね。

やっぱりパッキャオは、人間の域を超えた超人だ。

13日タイトルマッチ

IBF スーパーバンタム級 タイトルマッチ

珍しい日本人同士

王者の小国以載(角海老宝石)29歳に挑む27歳の岩佐亮佑(セレス)

 

誰もが負けると思ったグスマンに勝った小国

エリート街道まっしぐらで、山中にまさかの敗戦以降低調な岩佐

どっちも「負けたら引退」の覚悟が交錯する壮絶なタイトル戦になりそうだ。

 

水曜日 20時からテレビ放送あり

お見逃しなく!

 

これだから...

またしてもボクサーの不祥事。

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

これだから、一般にボクシングにはいいイメージを持ってもらえない。

自分に厳しくないと、プロで大成できないんだろうけど、なぜか事件がよく起こる。

このジムは、会長もいろいろダークな噂が絶えないし…

 

業界として、コンプライアンスを徹底してほしいですね。

 

遠い1勝

元ヒロジムのプロボクサー、三船世翔選手。

1敗1分けで臨んだ試合、またしても....

人生かけて本気でやっているけど、プロでの1勝は遠い。

練習でできても試合でできないのか、いや、厳しい世界です。

陰ながら応援しています。

ここからだ! 貴一!

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)
pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)