協賛各社のご紹介

今大会は、ささやかながら、小学生からシニアまで各部門ごとに優秀賞として景品をだします。

これはすべて、協賛各社さまからの講演金で購入しております。

出場する皆さんは、ベストを尽くして、優秀賞をゲット!

第4回ヒロジムスパーリング練習会の趣旨にご賛同いただき、後援してくださった協賛各社さまのご紹介です。

 (株)マルノ建築設計 ~ 弘前の大手建設会社さんです
 弘工ボクシング部後援会 ~私の母校です。田澤会長より
 木村商店 ~ 弘前市北部の建材屋さんです。
 田中シート ~ 弘前で1番の腕と評判。若旦那は元ボクシング部
 工藤板金 ~ 黒石クラブ代表の本業です
 (株)弘前中央魚類 ~ 弘果内のマグロ屋さんです。中落がうまい!

※敬称略

景品とは別に、弘前市ボクシング協会からもご支援いただいております。

みなさまどうもありがとうございます。

 

年に一度の大会に向けて

24日は第4回ヒロジムスパーリング練習会。

この会のコンセプトは

「県内外の各ジム・クラブと交流し、日頃の練習の成果を発揮する場を作り、それぞれがレベルアップすることを目的として、本会を開催いたします。」

 

日頃の成果を出すべく、メンバーそれぞれがんばってます。

勝ち負けでなく、積み重ねてきた事の確認です。

ボクシングは、タイムや重量など、「今自分がどの辺にいるのか」わからないスポーツです。

この会で確認して、日々のトレーニングのモチベーションアップしていこう!

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の世界

ヒロジムを作ってから、「一人ひとりを大事にしていくジムにしたい」と思って、トレーナーのマンツーマンミットをしっかりやってきました。

でも、去年から思っているのが、一人ひとりと向き合いすぎるのは良くない。

やはりボクシングは、いかに自分と向き合えるかが大事。

マンツーマンだと自分で考える感じる事ができなくなる。解答をトレーナーに求める。

一人でやりながら、「もっと脇を締めなきゃ」、「踏み込むタイミングがずれてる」、自分との対話しなきゃ。

自分の世界に入り込んでいくか。行けるか。

 

目的はそれぞれでいい。

けど、たとえフィットネスでもボクサー気分になり切って、自分の世界に入らないと、成果が上がらない。

黙々と自分の世界に

これをテーマにやりたい。

ほっとくのではなく、見守ってアドバイスします。

 

プロの気迫

元キマグレンのボーカル クレイ勇輝がプロボクサーとして、最後のリングに上がった。

32歳の時にボクシングを始め、プロテストに合格。

プロボクサーのライセンスが失効する“定年”である37歳の誕生日を控え、“ラストチャンス”としてのリングに上がった。

https://www.nikkansports.com/battle/news/1853832.html

元ミュージシャンで、今も芸能界にいて、経営者。

日本テレビ「アナザースカイ」「おしゃれイズム」や、24時間テレビの「24時間マラソン」等の番組制作を担当している。

トレーニングの時間を捻出するのは大変だろう。

体力もなくなってくるし。

こうゆう人を見ると、「忙しい」、「体力の衰え」、なんて言えない。

言い訳している人いませんか?

どんなに忙しくても、やりたいことをやり切れるかは、本人次第。

プロではないにしても、自分で”ここまで”と線を引いてしまったらそこで終わり。

好きなことをやり切る事が出来れば、次のステージに進める。

俺はやり切ってないから、まだやっているんだと思います。

いつまでも挑戦し続ける自分でいたいと、勇気をもらいました。

http://number.bunshun.jp/articles/-/828576

トレーニングに対する考え方

ボクシングのジムワーク内容は基本的に、ずっと昔からあんまり変わっていないような気がする。

なわとび、 シャドウ、 ミット、 サンドバッグ、マス

戦前から変わらないんじゃないか?

 

ここ10年以上前から、プロではフィジカルトレーニングが定着しているように見える。

怪物井上チャンピオンも、ジムワークだけではあそこまで強くなってないでしょう。

 

横綱白鵬も相撲部屋でのけいこが少ない事で有名。

筋トレやフィジカルトレーニングやって、酸素カプセルで回復するなど、独自のトレーニングで従来の相撲稽古と一線を画している。

相撲の世界で、そうゆうことは言いにくいとは思うけど。

 

プロでない我々も限られた時間の中で成果を出していくために、ジムで何をやるのか、メニューを考えていかなければならない。

何をやり、何を切り捨てるか。

火曜日ボクシング合同練習

恒例の火曜日ボクシング合同練習をバージョンアップ。

攻撃、防御の基本を反復練習してます。

選手からフィットネスまで、幅広い人が参加しているけどそれぞれに、一生懸命やってます。

出来なかったことが出来た時、楽しさがわかる。

自分の意思で”力”を得る喜びを知ってほしい。

まだ来てない会員の皆さん、ぜひ参加してみて!

 

 

 

明日からは

今日は地元藤崎の花火大会。

これが夏の終わりを告げる年中行事。

ジムの方もお休みをいただきましたが、明日からは通常通りの日常に戻ります。

おかげさまで、家族で海に行ったり、子供の工作を手伝ったりと、リフレッシュできました。

充電中にいろいろと、ジム用のネタを下ろしておいたので、楽しみに待っていてください。

バージョンアップしますよ~

 

ヒロジムに出稽古に来ていた、浪岡さんからうれしいニュースがありました。

盛岡で今日行われた BRAVE-33で、勝ったそうです!

おめでとう!

13. Sライト グローブハンデ
浪岡 浩之(フリー)
vs
佐々木 龍平(VOD)

 

やっぱり、勝ちたいという気持ちが強ければ、練習環境が悪くても結果が出る。

執念の大事さを浪岡さんに教えてもらいました。

ヒロジムのキック部のみなさん、これを励みにがんばろう!

 

 

プロボクサー高田来てくれました

OBのプロボクサー高田来てくれました。

初日で人は少なかったけど、いろいろ練習相手になってくれました。

今日来ていた人はラッキーですよ。

先日の試合で負けたけど、成長した姿を見せてくれた。

体力、テクニック、どれをとってもさすが、鍛え上げたプロだなと思わせられた。

負けても心は折れてないし、再浮上するきっかけを考えているようだ。

 

ピンチがチャンス。

負けを糧にして成長しよう!

さようなら スティファン

アメリカ人のスティファンが、帰国のため、最後の挨拶に来てくれました。

1年以上ジムに通って、みんなと楽しくボクシングしてくれた。

私にとっても、外国人とコミュニケーションする楽しみを与えてくれた。

見た目以上に若くて、シャイなスティファンと話すのが楽しみでした。

彼と話すことで、若い頃の自分のやりたかったことを思い出して、ポジティブな気分にさせてもらえました。

会えなくなるのが本当に残念。

また、どこかで会える日を待ってます!

Adios!