練習締め

K-1カレッジ で大学生日本一を目指す、野村選手が今日で練習締め。

あとは本番に備えます。

ささやかな、ヒロジムの皆で壮行会。

有志から激励賞も飛び出しました。

本人からは、必ず勝って日本一になると力強い言葉。

ジムの誰よりも、本気で熱い練習を積み重ねて来た野村選手。

きっとやってくれると信じています。

 

勝つことは大変

後楽園ホールでのプロボクシング

青北出の小山内君、負けました。

プロで1勝つかみ取るのは大変だ。

死に物狂いでいかないと厳しいようです。

 

プロほどじゃないけど、アマでも気持ちが入って練習してないと、1勝するのは難しい。

「本気度」を維持して毎日やることを積み上げていく事なんでしょう。

 

◇S・バンタム級6回戦
舟山大樹(帝拳)[2-1(58-56、58-57、57-58)]小山内幹(ワタナベ)

 

スパー大会を振り返り

振り返ってみて気づいた点

・日頃の練習で手を抜かない人は本番でも動きがいい

・テーマを持って練習していた人は、その技が自然に出る

・体力の裏付けがない技術は、スピードとパワーに負けてしまう

・ヒロジムは応援やサポートが多くて、団結力がある

(本当にありがとうございます<(_ _)>)

 

見た皆さんは何を感じましたか?

遅くなりましたが、レフリーの皆さん、遠く函館から参加の皆様おつかれさまでした。

 

チャンプジムスパー大会に向けて

いよいよ日曜日は、チャンプジムスパー大会。

追い込みだ~

ちょうど帰省している剣心が、エントリーしているメンバーに激励指導中!

 

 

 

 

 

 

現役A級ボクサーに、技術とスピリットを注入された皆さん。

これを刺激にして、日曜日ファイト!

兄弟子の現役チャンピオン、「Yさんはこうしてる」なんて話が自然と出てくるから

本当にすごい環境でボクシングしているんだね~。

私にとっても刺激になりました。

少しでも向上できるようにがんばります。

剣心勝利報告!

1日に後楽園ホールで行われたバンタム級6回戦で、見事1R KO勝ちした、

ヒロジムOB プロボクサー 大嶋剣心が、勝利の報告に来てくれました!

なんと、タイのランク2位をあっさりKO。

切れ味が増したようです。

大嶋剣心(帝拳) [KO1回2分20秒] パーカシット・ミーシー(タイ バンタム級2位)

剣心のツイッター

弘前に帰って来て、真っ先にジムに報告に来てくれて、うれしいです。

一同みんな大したことしてやれないけど、いつも遠くから応援しています。

充電して、またA級で暴れてください!

 

K-1カレッジ

7月の試合がもう一つありました。

昨年に続き、ムラ選手がキックボクシング大学生日本一を決める大会「K-1カレッジ 2017」に出場します!

7/29 東京で開催

ここで勝ち上がれば、決勝はK-1プロの舞台(代々木体育館)でやります。

弘前でロクに練習相手もいない環境だけど、やる気があればできるんだという意気を見せてくれ!

 

積み重ねて

ちょっと前の話題。

高安が大関に昇進しましたね。

今は大きくて力強い相撲の高安ですが、相撲未経験なのに中学卒業で入門して、稽古のつらさで何度も部屋を家出したそうです。

でもそれに耐えて、基本の突き押しや四股を必死にやって積み重ねたそうです。

その10年以上の基本の積み重ねが今花開いていると、記事にありました。

高校生アマボクサーは、実質二年程度しかないから、10年先のことまで考えて出来ないけど、1年生の基本の積み重ねが3年生で花開くと私も思う。

漫画のような必殺パンチはない。

地道に基本の繰り返しの中で、感覚を体に入れきることができるかが大事。

愚直に自分を信じてやり通せるか?

いつも問いかけられている。

やるか、逃げるか、二者択一だ。

 

 

40代進化中

「ヒロジムのカズ」こと、Tさんは、40代でも進化を続けている。

ロードワークとジムワークを配分し、仕事をしながら自分の体をコントロールしながら鍛えている。

やりすぎない、さぼらない。

このバランス感覚が、大人のあかし。

そして、心拍数計やプロテインなど、適度に道具やテクノロジーを取り入れて改善と効率化。

着実に前年より体力もスキルもアップしています。

体力気力にすがれないからこそ、効率よくトレーニングできるんでしょう。

歳だからと言い訳しないで、Tさんのように目標をもって頑張らねばと思います。

 

東北大会

高校生とUJの東北大会が、山形市で開催。

ヒロジムからは、ルナ選手が中学生の部に出場。

今回は、同階級の相手がいた~。

実は、全くそろった条件で試合ができるのは今回が初めて。

やっと相手が見つかった!

 

高校は日曜日決勝。

ルナは土曜日いきなり決勝。

やっと普通に試合ができる(^^)

 

相手がいて試合が成立する。

よき相手がいるから力が出せる。

相手は”敵”ではない。

1対1の格闘技は、相手の存在を必要とする。

相手を尊重しなければ。

だからこそ、礼が大事。

 

 

 

 

総体決勝追加

書き残した事があったので再度この話題。

 

2部 フライ級

〇川村こうせい vs 榊

判定勝ちで優勝!

お互い一年生の成長株。

これから3年まで切磋琢磨してほしいね。

 

1部は、ヒロジム出身の選手が躍進。

バンタム級 ゆうご 優勝

ライト級 ゆうき 優勝

ライトウェルター級 りつき 準優勝

2部も含め、4名出場で3人優勝、1人準優勝。

 

ちなみにチャンプジムさんでは、

ピン、ライトフライ、ライトウェルター、ウェルターを制しました。

強い!横綱ですよ。

なんと、8階級中チャンプとヒロジムで6階級。

まさにジム出身選手の時代になりました。

もっともジムに来ているからというより、学校プラスジムでも練習するくらいやる気がある選手自身の力だね。

でも、この結果を見ると青森県のボクシング界に貢献していると実感してます。

3周年を迎え、やっぱりジムを作ってよかったと思ってます。