2018チャンプジムチャレンジマッチ結果

三連休の中日、天気がいい一日でした。

日頃の練習の成果を試すいい機会を作ってくれた、主催者と運営サポートの皆さんありがとうございました。

ヒロジムのトレーナーと応援の皆さんもありがとうございました。

 

チャンプジムチャレンジマッチ結果です。

①ツタヤさん

ダブルヘッダーも難なくこなし、危なげなく2戦2勝。

もはや貫録です。

ここしばらく調子悪いところを見たことがない。

内容以上に安定したコンディションに、アラフィフでも向上し続ける秘訣がある気がします。

 

③タク

3人回しの変則マッチ。

ポイントで2位。

いい所も悪いところも出た2ラウンドでした。

 

③ケイタ

今回デビュー戦のケイタは、本日のベストファイト。

同じくデビュー相手とダウンの応酬。

打たれても打ち返すガッツが光りました☆彡

 

④キヨさん

久々の実戦復帰はドロー。

体重差があってか距離感がうまくいかない。

それでも2ラウンドはピッチを上げて、コンビネーションを決めた。

お互い決定打に欠いたけど、分のいいドロー。

 

⑤アキーモ

またもや高校生相手に、ドロー。

お互い攻めているんだけど、クリーンヒットが出ない。

それだけかわせている。

練習してきた事が実戦で出てきていたから、まだまだこれから。

 

⑥セイヤ

元トップアマに判定負け。

技術では圧倒的に差があるけど、スピードある動きで見せ場は作った。

いいパンチが当たる場面もあった。

 

⑦そうた

ボクシングデビューで、いきなりダブルヘッダー。

1試合目は、打ちつ打たれつのドロー。

2試合目は、RSC勝ち! 初勝利!

実戦では練習のようにうまくいかないけど、いい所を出せた部分もあるから収穫あり。

この経験がキックに生きる。

 

⑧ショウ

現役大学生のミドル級相手にドロー

相手の堅い守りと距離を崩そうと、いろいろな攻撃を出せたことは収穫。

明日は

明日は、チャンプジムチャレンジマッチ。

ヒロジムから8名の選手が出場します。

下は20歳から上は48歳まで。

練習試合とはいえ、それぞれにとって晴れ舞台。

リングに上がれるボクサーは選ばれし者達。

怖くて出られない、練習できない、体が悪い、勝ち負け以前に上がる意思を持った時点で選ばれている。

誇りをもって闘ってください。

試合の時は主役です。

応援を受けて1対1で向かい合う。

こんな経験は、なかなかないですよ。

舞台に立てる事を楽しんで!

 

観戦は無料なので、ぜひ見に来てください!

試合開始11:00

終了は12:30位

 

懇親会は17時~

目玉は、かくれ家さんの料理。

デリバリー注文してます。

楽しみです~

元持杯結果 他

岩手県水沢で開催された、女子ボクシング元持杯。

ライトフライ級に出場した、マイコ選手。

残念ながら3R RSC負け。

日体大の現役バリバリボクサー相手に、しぶとく食い下がったけど最後は力尽きた。

社会人ボクサーにとって現役との対戦はしんどいな~。

マイナースポーツの悲しさ。

同レベルの相手が見つからない(>_<)

演技の部に出場のルナは、昨年に続いて優勝!

30人近い中からの優勝は価値あるものです。

決勝はなんと、青森勢対決。

チャンプさんとヒロジムの一騎打ち。

ミットでは、国際審判五十嵐氏&心 vs 福眞親子。

親子の絆コンビネーションが勝ったか?

おつかれさまでした!

その他弘前工業で行われた国体予選。

熱戦が繰り広げられました。

注目はバンタム級

3人の争いの結果、高校総体チャンピオン田中君が優勝。

国体二次予選 in 弘前

7/7~7/8 国体二次予選(高校生)が、弘前工で行われます。

弘前で開催されるのは、珍しいので興味のある方は観戦してみてはいかがでしょうか。

7日 試合開始 13時

8日 試合開始 10:30

特に日曜日は試合数が多いのでいい機会です。

※時間は主催者の進行で変わる可能性があります。ご注意ください

2018 女子ボクシングの祭典 元持杯

女子ボクシングの祭典 恒例の元持杯がメッカの岩手県で開催されます。

7/7~7/8 水沢市

ヒロジムからは、マイコとルナが参加。

マイコは、実戦の部なのでバリバリのチャンピオン級と真剣勝負。

過酷な減量中ですが、乗り越えて力を発揮してくれるでしょう!

ルナは演技の部。

昨年に続いて優勝目指せ!

 

皆さん応援よろしくお願いします<m(__)m>

東北高校総体

決勝の結果

青森勢は、ピン、ライト、ウェルター、ミドルで優勝!

ミドル以外全員が青工。青工は全員優勝。すごい強さです👏

 

私が注目していた、

ミドル級 浜田(弘工)が期待通り優勝しました。

三度目の大戦で勝ちました。

初の東北タイトル獲得で、インターハイに向けて勢いがついた

やっぱり勝ちたいという気持ちが強ければ、日々トレーニングに努力するし、結果がついてくる。

 

女子中学UJ 44k級 ルナ選手

認定チャンピオンです✨

これで次は、7月 埼玉県での東日本決定戦に進みます!

 

チャンプジムスパー大会

今年も恒例のチャンプボクシングスポーツクラブさんのチャレンジマッチが開催されます。
7月15日
青森県でこのような機会はめったにありません。
日頃の練習の成果を試す絶好の機会。
マイナースポーツのボクシングを愛好する他団体の皆さんと交流するまたとないチャンスでもあります。
初めての方も見るだけの方もぜひ行きましょう!

県選手権フォトギャラリー2

筋肉が浮き出たとこまでくっきりと。
息遣いまで聞こえてきそうな、臨場感のある写真だね~。

これもカメラマン俊輔の作品です。

渾身の右強打! #ヒロジム

A post shared by Hideyuki Ose (@hirogym_) on

2018青森県選手権フォトギャラリー

カメラマンでもある俊輔コーチの美しいショット。

瞬間をきれいに切り取ってくれる魔法のようだ。

撮ってもらえた人はラッキーだね。

まずは第1弾

試合にかける気迫や緊張感が伝わってくるね。

高校総体決勝

2年生ながら決勝に駒を進めた木村選手(弘東) さて結果は。

ライトウェルター級

木村(弘東) vs  工藤(八工大)

どちらも2年生。

工藤は去年の新人戦優勝している好選手。

試合はどちらも引かずに最初から打ち合い。

総体らしい白熱した好試合。

結果は残念ながら、判定負け。

 

苦しい時に一発出るか、足が動くか、紙一重。

その一瞬のために普段の練習で手を抜かず、積み重ねる。

小さい積み重ねが、苦しい時に大きな力になる。

悔しさをばねにがんばれ!

大会関係者の皆様、応援に来てくれた皆様、おつかれさまでした。

ありがとうございました。