岩手国体終了

国体が終わりました。
振り返ってみます。

(少年)
LF 坂本(山田) 決勝で鳥取に惜しくも判定負け。
県勢でただ一人の決勝で準優勝。
素晴らしい結果でした。
坂本君はチャンプジム育ちで、普段の練習もチャンプジム。
設立3年で全国2位を育成するのは快挙です。

F級 優吾君は1回戦判定勝ち
   2回戦 tko 負け
   5位入賞👏
L級 秀平も同じく1回戦 判定勝ち
   2回戦 tko 負け
   5位入賞👏
LW 増田 2R TKO負け

kimg0383

その他注目は、成年ミドル級
地元のホープ梅村 vs ずっとトップに君臨する高橋(愛媛) 拓殖大学現役対obの対決
結果は、高橋の判定勝ち。

カテゴリー: 試合・大会   作成者: hirogym パーマリンク

hirogym について

2001年から活動してきた「弘前ボクシングクラブ」が、常設リングをそなえたボクシング&キックジム「ヒロジム」になりました! ヒロジムは、以下を目的とした非営利団体です。  1 ボクシングの普及振興  2 子供の健全育成  3 市民の健康増進 ボクシングを子供から女性、運動不足解消から強くなりたい人まで、年令目的に合わせて楽しめる「生涯スポーツ」として普及することが目標です。

岩手国体終了」への2件のフィードバック

  1. 優吾は準々決勝で敗退です。
    準々決勝では鼻血が止まらずストップ負けになりました。鼻血が出ていなかった勝っていた内容でした。
    優吾、秀平君は、国体5位入賞です。

    • すいません。最初ミス入力でした。
      訂正しました。
      試合見てないんですが、惜しい負けだったんですね。
      鼻血残念です。

コメントを残す