Loading

9日に行われた、東北シニアトーナメントのライト級決勝で、山崎選手が見事なファイトで優勝しました。
ライト級決勝  山崎(弘前クラブ) ○2R RSC勝 VS 赤沼(三沢クラブ)
山崎選手は、初回から鋭いジャブと右ストレートで次々にポイントを重ね、相手のパンチはフットワークでかわしていくパーファクトな内容。
2Rには、赤沼選手が鼻から出血し苦しいところで、カウントが入りRSC勝ちとなった。
今回の山崎選手は、トレーニングで苦しんで、試合で余裕を持つというボクサーのお手本です。
IMGA0086.jpg
【表彰を受ける山崎選手】
ついにクラブから東北チャンピオンの誕生です。

ボクシングを通じて、人と地域(津軽)を元気にしたい。との思いから、2001年「弘前ボクシングクラブ」を設立し、2014年常設リングをそなえたボクシング&キックジム「ヒロジム」になりました! 地域の皆様にボクシングで、強く健康な心と体づくりのお手伝いをさせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top