三沢漁港祭り 日米親善ボクシングマッチ(2)

試合レビュー
エビさんは十和田の大学生と対戦。
相手はサウスポー。
1R 左ストレートを主体に攻める相手選手。
   エビさんは慎重に動きながら、右を合わせていく。
   終盤から動きのよくなったエビさんが、ボディーを攻めていくと相手は身体を丸める。
   なおも攻めると、あっさりスタンディングダウン。
2R 十和田の選手は左ストレートで食い下がる。
   アッパーフックと多彩な技を見せ、じりじりとプレッシャーを強めるエビさん。
3R スタミナ切れるかと思ったが、さすがの気力。
   消耗した相手に、エビさんがボディブローをまとめてスパート。
   あっさり攻め落として、RSC。
注目の舞台で、目立って勝つことがなによりうれしいと感じさせる表情でした。
さすが元プロですね。
練習不足も跳ね返す、集中力と気力は見習いたいです。
クラブ選手に注入してください。
DSC_7194.jpg
【やっぱり上半身裸】
   

シェアする

フォローする

コメント

  1. ebi より:

    SECRET: 0
    PASS: e7e585fd038efd78a07cef6ea357ca85
    レポありがとうございます。
    3Rは自分でもスタミナもつかと危惧しましたが…。
    1R出鼻のボディストレートに全く反応できてなかったんで、ラストはボディ中心に攻めていこう、と。
    西岡vsムンロー戦を見て以降、ボディブローを織り混ぜた打ち分けの重要性を感じます。
    まさかあそこまで動けるとは自分でも驚いてます^^;

  2. おおせ より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    そうでしたか。
    西岡はじめ、帝拳の選手はボディストレートがうまいですよね。
    きっかけを得て実践で出来るのはすごいこと。
    年を重ねて分かっていくボクシングの奥深さですね。