山中陥落

山中前王者が陥落した。

今年は、内山、三浦、山中と絶対王者が次々と負けてしまった。

負ける時はこんなものなんだろう。

自分の見た感想ですが、明暗を分けたのは「ガード意識」。

プロボクシングは攻めいないと勝てないし、エンターテインメント性からも、リスクを負ってでも攻める。

半面、プロではパンチが強いから打たれると選手生命が続かない。

このジレンマ。

ネリは、攻める時はダイナミックだけど、ガード意識が高かった。

山中は、ガード意識が低くて、前の手がずいぶん低かった。

これは、長谷川穂積がそうだったけど、あまりにも神がかり的に勝ちすぎて、「どっかで左が当たるはず」という意識が生まれていたんじゃないかな。

その意識がガードを下げされていた。

その点、同じバンタム級王者の西岡はガード意識が高かった。

やはりガードが大事だと思う。

 

カテゴリー: プロボクシング   作成者: hirogym パーマリンク

hirogym について

 2001年から活動してきた「弘前ボクシングクラブ」が、常設リングをそなえたボクシング&キックジム「ヒロジム」になりました!  戦後間もなくからボクシングが盛んな土地柄の弘前。この弘前のボクシング文化を継承し、次世代に伝えていきます。

コメントを残す