Show the Aomori spirit 試合結果 その1

DSCF2831.jpg

武道館でプロボクシング試合見てきました。
田植えが忙しく、途中から第3試合からの観戦となりました。
噂には、「オヤジファイト」も同時開催と聞いていたが、試合はありませんでした。
<結果>
 三浦数馬 vs 福島 学 3R 負傷引き分け
○中嶋孝文 vs 目黒拓仁 3R KO
吉村厚志 vs ○笛木 亮 3R TKO
○千葉 透 vs タイ人 3R TKO
DSCF2817.jpg

<観戦記>
メインの三浦戦
1R 福島が頭を振りながらじりじりプレッシャーをかけて、時折右クロスを振っていく。三浦は、足を使って右ストレートで応戦。終盤、三浦の右がカウンター気味に入り一瞬福島の腰が落ちる。しかし、追い打ちが出来なく、ダウンは奪えなかった。
2R 同じように福島が詰めていくが有効打はない。三浦も得意のジャブが当たらず、もみ合いが多い展開。時折、三浦の右もヒットするが、力みからかスピードが感じられない。
3R 突然福島が目をカットしレフリーが試合をストップ。私には見えなかったが、バッティングだったそうだ。
両者も観客も不完全燃焼で会場を去っていった。
20年振りのボクシング興業であっただけに、足を運んだファンは満足いく試合がみられなくて残念であっただろう。


Show the Aomori spirit 直前情報 その3

試合の組み合わせ
① 三浦数馬(弘前市出身) vs 福島 学(福島県出身) スーパーバンタム級 8R
② 中嶋孝文(大鰐町出身) vs 目黒拓仁(仙台) スーパーバンタム級 8R
③ 吉村厚志 vs 笛木 亮 フェザー級 8R
④ 千葉 透(黒石市出身) vs タイ人 6R
【以下ボクシングマガジンより抜粋】
メインの三浦は元日本・東洋チャンピオンのベテラン福島と激突。めまぐるしい技術戦が展開されそうだ。現在の勢いでは無敗のホープ三浦が断然上回るが、”敵地”に乗り込む福島の意地にも注目したい。
そして、最近になってその才能を開花させた中嶋も登場。目黒との”東北対決”に挑む。
さらには昨年のA級トーナメントの覇者、サウスポー笛木も切れ味鋭いブローを披露したいところだ。


Show the Aomori spirit 直前情報 その2

今日は、三浦選手の対戦相手の福島選手を紹介します。
福島選手は、元スーパーバンタム級日本、東洋のチャンピオンで、世界挑戦経験があるベテラン選手。世界戦の相手は、あのパッキャオからもダウンを奪ったメキシコの怪物オスカー・ラリオスだった。ラリオスに惜しくも敗れたものの、福島選手が日本で一時代を築き世界レベルに近づいたボクサーであったことは間違いない。
福島選手のスタイルは、右ボクサーファイター。
右ストレートに威力があり、フットワーク、カウンターと何でもこなす万能型だろう。
しかし、これと言って突出したものがないことも事実だろう。
元チャンピオンとはいえ、下降線の選手であることは否めない。
長年のキャリアから、打たれもろくなっているのではないかという不安もある。
スタミナにも不安があるのではありだろうか。
三浦選手のジャブにどう対処するかが鍵になるだろう。


Show the Aomori spirit 直前情報 その1

いよいよ日曜日に迫った武道館のボクシング。
楽しみです。
試合を楽しむために、選手の情報を書きたいと思います。
まず、メインの三浦数馬選手についてです。
出身地:弘前市 (実は管理人と地元が同じで、小中学校が一緒です)
アマ歴:弘前実業高校ボクシング部でボクシングを始める。インターハイ等で活躍。
      その後は、東京の強豪校東洋大学に進学しボクシング部に所属。4年では、主将として関東 リーグ1部で活躍。
プロ歴:大学卒業後、プロ入りし現在に至る。途中キャリア中断を余儀なくされ、タイトル挑戦まで後一歩ですが、この試合に勝ってランキングを上げていきたいところです。
アマチュアのキャリアが長いですね。
ボクシング界はプロ、アマ交流がないですが、三浦選手のようにどちらのスタイルも経験している人は貴重ですよね。
三浦選手のスタイルは、独特の距離感から繰り出されるシャープなジャブとそれに自在なタイミングでつなぐ右ストレートで相手を封じ込めていきます。
パワーや連打など派手さはありませんが、フリッカー気味の精度が高いジャブは見物です。
ジャブでペースを握れば、タイミング良く右ストレートや左フックが決まり出すかも。
そうなれば、中盤から後半KOもあるでしょう。


小堀選手世界タイトル奪取

昨日のライト級世界タイトルマッチで、小堀選手が見事KOでタイトルを奪取しました。
層が厚く挑戦することすら難しいライト級で、初挑戦でKO勝ちとはお見事です。
残念ながら、青森県ではTV中継がなかったのでyoutubeで見ました。
まだ、見てない人は以下のリンクからどうぞ。
youtube


スポルトボクシングスクールにスパーリングしに行きました


5月14日に青い森アリーナの「スポルトボクシングスクール」にクラブメンバーと行ってきました。
初めて練習中におじゃましたのですが、人が多くてびっくり。
また、公式のリングがデーンと常設されてあり、その立派な設備にびっくりするやらうらやましいやらといった感じです。
今回初めて交流スパーリングをお願いしたため、体重やキャリアなどちょうど良い組み合わせで出来るかなと心配したのですが、結果的には大成功でした。
やはり、リングを持たないわがクラブにとって、公式リングに立つことが出来る機会があることは嬉しい限りです。
スポルトさんの練習風景も見ましたが、10代の少年から最長60歳まで多様な世代の人々が楽しく汗を流している場になっているなと感じました。中でも中高年ボクサーの真剣さと力強さに圧倒されました。私も60歳になってもリングに立ってやろうと思わせられ、刺激を受けました。
スポルトさんは、練習スタイルが自由にやって自由に帰るプロジムのようなフリースタイルでした。ウチのクラブは、みんなで一緒に練習する部活スタイルなのでやり方は違いますが、どちらにもその良さがあるなと、思いました。たまによそを見に行くのはいいものです。
草の根ボクシング活動という点で、弘前クラブとスポルトさんは同じ視点で活動しているので、これからも定期的に交流していけたらいいです。
s-sportgym001.jpg

<写真はスポルトボクシングスクールのリング、今回のスパーとは関係ない写真です>


武道館でプロボクシング試合があります!


5月25日(日)に弘前市の県武道館でプロボクシング試合が開催されます。弘前でプロボクシング試合が開催されるのは、昭和62年以来22年ぶりのことです。いまかとても楽しみです。
試合には、弘前市、大鰐町、平川市、黒石市と津軽出身の選手がずらりと出場します。所属ジムの会長さんたちもほとんどこちら出身の方です。更に、豪華ゲストとして青森県出身の元世界チャンピオン、レパード玉熊氏と畑山隆則氏がやってきます。まさに「AOMORI SPIRIT」という名前のとおり、森一色のボクシングになってます。
メインは、スーパーバンタム級4位の三浦数馬選手(以下プロフィール参照) 対 福島選手(元東洋・日本チャンピオン)です。

s-miurakazuma.jpg
【4月に当クラブを訪問してくれた三浦選手】
H20年4月19日の陸奥新報に記事が出ていました。 陸奥新報
チケットは自由席が3000円、指定席が5000、7000円となっております。さくらのインフォメーションで販売しております。
【試合のみどころ】
①スーパーバンタム級 三浦vs福島
メインイベントは、無敗でタイトル挑戦を狙う上位ランカーの三浦選手と世界タイトル挑戦経験を持つベテラン福島選手(花形)の一戦です。三浦選手は、前戦で同級1位の木村選手(花形)と引き分け、再度上位にかってタイトル挑戦に弾みをつけたいところ。対する福島選手は、キャリア42戦の猛者ですが、最近は負けがこんできており、この一戦に再浮上をかけています。負けられない両者の意地がぶつかり、”熱い”試合が期待できそうです。
 両者共にテクニシャンなので、派手な撃ち合いではなく、ジャブからの組み立てやフェイントなど玄人好みの技術戦になりそうな気がします。
「三浦選手のコメント」
対戦相手の福島選手は、大変強い選手です。通常、地元での試合はタイなどからの輸入ボクサーを相手にイージーなKOを見せるのが普通ですが、あえて強い相手と戦い、本物のボクシングを地元で見せたいと自分が希望しました。
>
s-k_miura_intoro1.jpg

「スパーリングをする三浦選手」


森県高校総体&社会人ボクシング大会

高校総体と青森県アマチュアボクシング選手権(社会人)が6月7日(土)に始まります。場所は、青森スケート場です。
高校総体は、3年生にとって最後の地方大会になります。
勝てばインターハイ、負ければ引退。
それだけに、普段の大会とは違う一年で一番盛り上がる大会です。
アマチュアボクシングファンとして、観戦が楽しみです。
社会人の方は、県内唯一の社会人が出場できる大会です。
関東や開催ではいろいろなアマ大会があるようですが、地方ではあまりない機会です。
このように、練習の成果を発揮する舞台があることは、アマチュアボクシングを普及する上でとてもいい事だと思います。
大会を運営するアマ関係者の方々に感謝です。
わが弘前ボクシングクラブでも、3年連続出場しています。
昨年は、阿部選手がフェザー級を制しています。
今年は、2人の選手がエントリー予定なので、試合が楽しみです。
まだ、アマチュアボクシングを観戦したことがない人はぜひ足を運んで見てもらいたいです。
無料ですし。
<写真は昨年の社会人大会>
H19県大会