ワンツーから次へ

初心者はワンツーの練習が主体。
そこから次へ行こう。
まずは、ジャブの変化。
次は、ワンツーを打った後のフォローパンチやフットワーク。
更に、打つと見せて相手が手を出したところにカウンター。
やることはいくらでもある。
想像力を働かせよう。