全日本女子ボクシング選手権 ジュニア大会

三重県で開催された

令和3年度 全日本女子ボクシング選手権 ジュニア大会 四日市大会

ボクシングの全国大会では2年ぶりに有観客試合

青森県からも5名出場

なかでもヒロジムで小学生からボクシングをやってきた、福眞ルナ選手(山田)が出場!

3月で卒業だから、本当の集大成でもありラストマッチに挑んだ。

LF級1回戦 ルナ VS 吉田(花咲徳栄) 

危なげなく5-0の判定勝ち

二回戦 相手はジュニア国際ボクシングトーナメント優勝経験のある強豪

ルナ vs 西中 結菜(大阪・浪速高等学校)

結果は惜しくも判定負け

全く互角で、どっちが勝ってもおかしくない試合。

本人のコメントで、「持てる力は出し切ったので悔いはない。今までで最高の試合ができた。」

出し切れる事も、悔い無く終わる事も、納得のいく試合ができる事もなかなか無い事。

ボクシングの神様は、頑張ってきた人をちゃんと見てくれていたんですね。

長い選手生活お疲れさまでした。

この経験を次世代に伝える指導者になっていただきたいです。

奇しくも私が最後の試合で負けた相手も、 大阪・浪速高校。

私の場合は、自分のふがいない試合に納得いかず、ボクシングを辞められなかったですが。