本の紹介 (2)

近年読んだボクシング本で一番の作品は、「BOX」。

ボックス! ボックス!
(2008/06/19)
百田 尚樹

商品詳細を見る

高校生のアマボクが舞台。
登場人物が生き生きとしていて、ストーリーもテンポがいい。
飽きさせず一気に読ませます。
さすが売れっ子作家です。
この物語の盛り上がる部分は、親友2人の試合での対決。
強い子がやる気をなくし、弱かった子が猛練習で強くなり、いつしか立場が逆転。
そして、最後は…

シェアする

フォローする