赤穂浪士

赤穂浪士、武蔵対吉岡一門、坂本龍馬、義経...

市井の人々は、少数の志士が強大な権力に向かって戦う物語が大好き。私もだけど。

アマボクシングでも闘いが起こっているようです。

事の真相は分かりませんが、強大な権力にリスクを負って立ち向かう皆さんの心は、強者に一人で立ち向かう本物のボクサーだなと思います。

事の本質は、シャンシャン総会的な日本の形だけのお任せ民主主義で、民意が反映される仕組みが機能していない事かもしれない。

みんながダメだと思ったらトップが変わる仕組み、システムの問題じゃない?

それともは忖度でがんじがらめ?

大阪地検を見れば、司法の判断もあてにならんしね。

どうなるんでしょうか?

 


カテゴリー: 管理人のボクシング日記   作成者: hirogym パーマリンク

hirogym について

ボクシングを通じて、人と地域(津軽)を元気にしたい。との思いから、2001年「弘前ボクシングクラブ」を設立し、2014年常設リングをそなえたボクシング&キックジム「ヒロジム」になりました! 地域の皆様にボクシングで、強く健康な心と体づくりのお手伝いをさせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA