赤穂浪士

赤穂浪士、武蔵対吉岡一門、坂本龍馬、義経...

市井の人々は、少数の志士が強大な権力に向かって戦う物語が大好き。私もだけど。

アマボクシングでも闘いが起こっているようです。

事の真相は分かりませんが、強大な権力にリスクを負って立ち向かう皆さんの心は、強者に一人で立ち向かう本物のボクサーだなと思います。

事の本質は、シャンシャン総会的な日本の形だけのお任せ民主主義で、民意が反映される仕組みが機能していない事かもしれない。

みんながダメだと思ったらトップが変わる仕組み、システムの問題じゃない?

それともは忖度でがんじがらめ?

大阪地検を見れば、司法の判断もあてにならんしね。

どうなるんでしょうか?

[blogcard url=”https://www.daily.co.jp/general/2018/06/20/0011369466.shtml”]

[blogcard url=”http://genron1.blog.fc2.com/blog-entry-6106.html”]

[blogcard url=”https://mainichi.jp/articles/20180621/ddn/035/050/046000c”]

[blogcard url=”https://ameblo.jp/stanbox7/entry-12385006579.html”]

シェアする

フォローする