ドーピング問題

5月に予定されていた、ゴロフキン vs アルバレスⅡ が流れた。

理由は、アルバレスのドーピング。

ネリと同じ筋肉増強剤。

メキシコはドーピング天国らしい。

一対一で己の肉体と技で闘い、雌雄を決するボクシングでドーピングは許しがたい。

山中氏の試合を見ての通り、フィジカルに差があるとボクシングにならない

(ドーピングだけじゃなくて、体重もあったから)

厳しい対応をしてほしい。

[blogcard url=”http://www.sanspo.com/sports/news/20180404/box18040411130004-n1.html”]

シェアする

フォローする